私の名品コーナー

2007年3月20日

画家 拝山が残した“骨筆”~尺骨切断を乗り越えた執念の凄味~
太宰府市在住  吉嗣 文成さん

太宰府で 料亭“古香庵” を営む吉嗣家には 江戸から昭和にかけ 梅仙、拝山、鼓山 と三代の著名な画家がいました。
この名品は拝山が明治4年 台風の被害で右腕を尺骨から切断した時に、心の戒めとして残した骨筆です。
利き腕を失い、その骨を筆に代えて左手で描き続けた画家 拝山の執念と凄味が伝わってくる吉嗣家の家宝だそうです。

私の名品コーナー

画家 拝山の“骨筆”

私の名品コーナー

拝山の“執念と凄味”が伝わってきます

九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.