私の名品コーナー

2008年8月5日

江戸の名品シリーズ① 小堀遠州愛用の茶壷(膳所焼)
福岡市中央区 山根 旬二さん 所有

小堀遠州は戦国から江戸初期の激動の時代に千利休、古田織部と続いた茶道の本流で、「綺麗さび」の幽玄の世界を作り上げました。
茶人遠州は茶道具にはしっとりした膳所焼を愛用したそうで、これは珍しい耳付茶壷で白い葉が落ちる風情から“落葉”と呼ばれています。
茶壷を入れる袋もデザイン性に富み、小堀遠州の美意識の一端をうかがい知る気がします。

私の名品コーナー

今回から3回にわたってご紹介する山根さん所有の“江戸の名品シリーズ”の品々は、山根家に代々引継いでこられたのもので、現在は押し入れにしまっているとのことです。

九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.