私の名品コーナー

2008年8月19日

江戸の名品シリーズ② 法橋(尾形)光琳作の吸い物椀
福岡市中央区 山根 旬二さん 所有

尾形光琳は、江戸前期に屏風絵から漆工芸品の絵付けまで幅広い分野で活躍し、後世「光琳派」と呼ばれた代表的な画家です。

この朱色の吸い物椀は、光琳の晩年に作られたものだそうで、山根さんは、長年使い込んできて金地もはげてきたので、今は押し入れに保存しているとのことです。

私の名品コーナー

「法橋(ほうきょう)」とは高僧に与えられる僧位の一つですが、後に絵師にも与えられるようになり、光琳44才の時に贈られたもので、その後の作品に落款として多数使われています。

当時は、武家が豪商の娘の嫁入り道具としてこの様な朱色の祝い椀を持たされた様ですが、ちょっと口を付けて飲んでみたくなります。

私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.