私の名品コーナー

2010年1月29日

一説:仙厓和尚作の“土牛”
博多区板付在住 大泉 紫光さん

仙厓和尚は現在九博で開かれている妙心寺派の禅僧で、江戸時代後期に20年間余り聖福寺の住持として過ごし、博多人に親しまれました。

私の名品コーナー

書と絵画は沢山残されていますが、この“土牛”は珍しいそうで、箱書きに書かれている箱崎の豪農大藪氏が所有していたものとみられます。

私の名品コーナー

ユーモアに富んでいた仙厓さんは、洒脱な達磨さんの絵を得意としていたようですが、大黒様もよく書いていたということで、この“土牛”の頭に大黒様が彫られていることから、本物ではなかろうかと所有者は自慢しています。

今回の妙心寺展にも仙厓作の「鶴亀図」が展示されていますので、名品コーナーの“土牛”ともども見比べてみてください。

私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.