私の名品コーナー

2015年9月28日

雪花(ゆきはな)”紋入りガラス抹茶碗
福岡市早良区在住 青木 耕生さん作・所有

 抹茶々碗は“土モノ”と思い込んでいる方々には、ちょっと驚きのガラス抹茶々碗と棗(なつめ)です。

 これは青木さんが作った茶碗ですが、硬質と軟質のガラスの膨張率の違いを利用して、三重に張りめぐらした中間部分の軟質ガラスにヒビを入れるもので、ガラスの表面は内外ともに滑らかです。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 内と外側の硬質ガラスは同じ素材ですが、中間部分のガラスがザラメでこの部分に微妙な膨張率の違いをうまく利用してヒビを入れるわけですが、このヒビ入れの間合いこそが青木さんが長年かけてつかんだ“勘どころ”だそうです。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 ヒビはほぼ想定通りの入り方をするそうですが、形状からして“雪花紋(ゆきはなもん)”と名付けたそうです。

 作品はコップや花びん等多岐にわたってるそうですが、抹茶々碗は高台作りが一苦労で意表を突いており、その分珍しがられているという事です。

私の名品コーナー
私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.