私の名品コーナー

2017年5月17日

唐時代の黄金の埋葬品
太宰府市在住 黒田 隆史さん所有

 この小振りの黄金の水差しは、形式、図柄から推測して中国は唐の時代、皇帝が祭祀用の水滴に使っていたものではないかと言われています。

 きめ細やかな表面の細工には、権力者の芸術的な嗜好がみてとれます。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 この水差しを鑑定した当代随一の彫金師・三橋国民氏によりますと、これ程の質の高い彫金技術は、現代作家の中では見当たらないと絶賛しています。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 刀身は南北朝時代の「福岡一文字」で、刃文は「五の目乱丁子」です。

 黒田さんは友人から譲り受けたそうで、時には硯の水差しに使っているようですが、気分は往時の皇帝だそうです。

私の名品コーナー
私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.