私の名品コーナー

2018年12月19日

おきあげ(押絵)
福岡市在住 清水 清子さん 裕美子さん

 新春恒例、博多の「おきあげ」です。

 布細工を使った貼絵で、全国的には「押絵」と呼ばれます。

 中央の色紙は、新年の干支の猪親子。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 両脇の羽子板は6寸、18センチほどの大きさです。

 右から順に「お姫様」、「お雛様」、「光源氏」、色紙を挟んで「打出の小槌」、それに歌舞伎の「三番叟」、「助六」。

 お目出度いテーマが勢ぞろいしました。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 博多では、女の子が生まれると新春のお祝いに羽子板を贈る風習があります。

 羽根を突く羽子板は「災いを跳ね除ける」として、子どもの健やかな成長への願いが込められています。

 粋で華麗な歌舞伎役者が人気の主流で、贔屓の役者絵の羽子板を手にした娘たちは、着飾って新春を祝いました。

私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.