私の名品コーナー

2019年10月30日

火縄銃 馬上筒
小郡市在住 濱田 廣一さん所有

火縄銃のひとつ、馬に乗って使えるように銃身を短くした「馬上筒」です。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 標準的な火縄銃は、長さが1メートル以上ありますが、この馬上筒は、全体の長さが49.6センチ、このうち銃身は27.7センチです。

 銃身の上部には、徳川家の葵の紋の象嵌が施されています。銃床(木の部分)の菊の紋も見事で、優れた工芸品の趣があります。

 堺(現在の大阪府)で、江戸時代の終わりごろに製作されたと考えられます。

私の名品コーナー
私の名品コーナー

 今回は、馬上筒を使うための必要道具も展示しています。

 左奥が火薬入れ、手前のペンチのような金具は弾丸を作る玉造鋏です。

 火薬入れは木製で亀のような浮彫があり、取り出し口には江戸時代のコイン「寛永通宝」が使われています。

 玉造鋏は鉛を丸くつぶして、銃の口径に合う直径8.5ミリの弾丸を作り、火薬と一緒に銃口から押し込みました。

私の名品コーナー
私の名品コーナー
九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで 年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.