トピックス

2007年7月6日

日本の“やきもの”120点(7/7~8/26)日本の技と美を再認識

トピックス

「把手付深鉢」 縄文土器 (縄文時代中期 紀元前二〇世紀)

世界最古の縄文土器から現代まで日本の陶工達がその腕と美意識で作り上げた名宝120点が色鮮やかに展示されています。
これらの作品群は、9月末に予定されているポルトガルでの“日本展”の前に、やきものの里 九博で一般公開されるものです。

独自に作り上げた縄文の火焔土器に始まり、当時の名工達が憧れた中国陶磁を手本に進化を示す、瀬戸・鍋島・伊万里等と 世界を魅了していく日本のやきものの長く豊かな道のりが、見る人の目を楽しませてくれます。

トピックス

「色絵紅葉図透彫反鉢」 尾形乾山 作 (江戸時代 十八世紀前半)

トピックス

「赤楽茶碗 銘 無一物」 長次郎 作 (桃山時代 十六世紀)

トピックス

「緑釉四足壷」 猿投 (平安時代 九世紀)

九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.