トピックス

2010年2月10日

梅もほころび、龍・虎もやってきた

天満宮境内に6000本ある梅の木は時間差で咲き始めました。

既に満開の木もありますが、全体的には1割くらいで、残りはこのところの暖かさでやっとほころび始めました。

トピックス

梅の香りに誘われて、九博には、今回の「妙心寺展」で目玉とされていた「龍虎図屏風」の龍と虎もやってきました。

トピックス

3階の展示室では1度だけでは物足りず、見終えてからもう一度見直すファンもちらほらいます。

作者の狩野山楽は17世紀のあの当時虎を既に見ていたのか、5本の爪がしっかり描かれており、写実的な描写は迫力満点です。

妙心寺展は2月一杯の開催です。

トピックス

重要文化財 龍虎図屏風(左隻) 狩野山楽筆 桃山時代・17世紀 妙心寺

九州国立博物館へのお問い合わせ

ハローダイヤル:050-5542-8600(オペレーター対応)
※ハローダイヤルご利用には、通話料が必要となります。
ご案内時間: 8時~22時まで年中無休

九州国立博物館ホームページ
住所

公益財団法人九州国立博物館振興財団
〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4丁目7番2号


© 2020 copyright KYUSHU NATIONAL MUSEUM PROMOTION FOUNDATION. All Rights Reserved.